おっさんSEの趣味ブログ

主に海外ドラマの感想、英会話学習について
【ドルオダ】最強キャラ考察
0

    友人がドールズオーダーの最強ランキングをつけたので勝手に公開。

    格ゲー得意な友人なので結構当たってそう。

     

     

    自分は実際にやり始めたばかりでどのキャラも当たっていないのでこいつらが当たったらとりあえず喜んどこうと思う。

    まだまだアップデートが入って面白くなると思うので楽しみだっ!

     

     

    | 達也 | - | 21:26 | comments(0) | - |
    glee S1 EP9 グリー部の車いす体験記
    0

      JUGEMテーマ:GLEE

       

      glee シーズン1 第9話「グリー部の車いす体験記」(WHEELS) 

       

      今週もトラブルから始まります

       

      なんと車椅子対応の車が予算不足で手配できないようだ

      そのためアーティが乗れない。。

       

      そこでウィルさんは

      よし!皆!ケーキ屋さんを開いてお金を稼ぎ、アーティのために車を調達しようぜと提案。

       

      だけどみんな、否定的。。

      アーティはしかたなく僕のためだけにそんなことしなくても良いよと。。

       

      そしてアーティは一人寂しく車椅子でダンスを踊る

       

       

      それを見たウィル先生は皆に車椅子の人の気持ちを分かって欲しいと車椅子生活をするよう強制する

       

      他に今回は様々なストーリーが展開する。

       

      カートとレイチェルはソロを取り合ってオーディション

       

      クインの穴を埋めるためにオーディション

       

      オーディションだらけである

       

      クインの穴埋めましょオーディションではあのベッキーさんがとうとう登場!

      そして即採用!

       

      レイチェルはソロ対決のために日々努力

      カートも同様に努力!

      なんだかAでもなくBでもなくCでもなくFの音が出せるようになったらしい

       

      しかし直後にカートのおとうさんバートに不審な電話がかかってくる。。。

       

      そしてオーディションが始まる

       

       

      動画を見ればわかると思うが音が外れている。

      実はカートは自分の父親のために自分が表舞台に出るのはまずいと思い

      わざと負けたのだ(泣ける。。)

       

      そして最後は車椅子ダンスで締めくくる


       

      なぜか女性陣は皆、ツインテ女子になってるわけだが

       

      個人的にはサンタナのツインテが良かった

      カメラさんもサンタナばっか撮ってた気がするしね

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      | 達也 | 海外ドラマ(glee) | 09:00 | comments(0) | - |
      glee S1 EP8 迫られた究極の選択
      0

        JUGEMテーマ:GLEE

        glee シーズン1 第8話「迫られた究極の選択」(MASH-UP)

         

        ヒーハー!俺は「Bust a Move」が好きなんだぜ〜

        一緒に歌おうぜ!セイッ!

         

        俺は歌えんよ〜byフィン

         

        俺も歌えんよ〜byパック

         

        しょうがねぇなぁ〜俺が歌うよ〜とウィル先生しょっぱなからテンションあげぽよですよ

         

         

        フィンは、アメフト部のメンバーからグリークラブの件とクインの妊娠をネタに嫌がらせをされる。

        怒ったフィンは、喧嘩をしてしまう。

        そんな中、アメフト部コーチのケンからもgleeとアメフトどっちなんだい!と選択を迫られる。

        実はこれはウィル先生とエマ先生が歌いながら、楽しそうにレッスンする現場をケンが見ていて嫉妬したからだ。

         

        そりゃ嫉妬するよな。。。。

        ケンさん、気持ち分かるよ。マジ、エマさんの目がハートマークやん。

        ウィル先生は罪な男やで。。

         

        またフィンと同じように、パック、マット、マイク、(カート)も選択を迫られるわけだが果たしてどうなるか。。。。

         

        ところでこの話の中でパックがレイチェルに迫るがレイチェルはソロも出来ない人は嫌ぁー!と断る。

        実際はレイチェルは常にフィンが大好きだからだけどね。。

         

        パック、ソロ出来ない発言で奮起。俺だったソロくらいできるぁ!

         

         

         

         

         

         

         

        | 達也 | 海外ドラマ(glee) | 08:48 | comments(0) | - |
        追悼 マーク・サリング
        0

          JUGEMテーマ:GLEE

          https://www.vogue.co.jp/celebrity/news/2018-02/01/mark-salling

           

          R.I.P マーク

           

          今日はパックの歌った曲で好きだった曲をあげます。

           

           

           

           

           

           

           

          | 達也 | - | 10:26 | comments(0) | - |
          洋楽 和訳 Keep Holding On/Avril Lavigne 〜疲れた方へ〜
          0

            JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

            アブリルラヴィーンの「Keep Holding On」

             

            頑張っても成果が出ない時とか疲れている時に聞くとすごい沁みる曲。

            もう本当、沁みるね。その時のメンタルによっては。

             

            You're not alone
            一人じゃないよ
            Together we stand
            僕らは一緒だ
            I'll be by your side
            君の味方だから
            you know I'll take your hand
            僕らは手と手を取り合って
            When it gets cold
            凍えるときも
            And it feels like the end
            絶望的なときも
            There's no place to go
            行き場がない時だって
            You know I won't give in
            負けを認めるわけにはいかないよね
            No I won't give in
            絶対に負けない

            Keep holding on
            耐え続けよう

            'Cause you know we'll make it through, we'll make it through
            だって僕らは乗り越えられるから

            Just stay strong
            強気でいて
            'Cause you know I'm here for you, I'm here for you
            僕はここにいるから


            There's nothing you could say
            何も言えなくても
            Nothing you could do
            何も出来なくても
            There's no other way when it comes to the truth
            真実を見つけるには他に方法はないから

            So keep holding on
            だから戦い続けよう
            'Cause you know we'll make it through, we'll make it through
            だって僕らは乗り越えられるから


            So far away
            遠く離れても
            I wish you were here
            ここで君を願ってるよ
            Before it's too late, this could all disappear
            すべてが消え去って手遅れになる前に
            Before the doors close, and it comes to an end
            ドアが閉まって、世界が終わってしまる前に
            With you by my side I will fight and defend
            君と一緒に君のそばで僕は戦い、守るから
            I'll fight and defend
            守ってあげる

            Yeah, yeah

            Keep holding on
            戦い続けよう
            'Cause you know we'll make it through, we'll make it through
            僕らは乗り越えられるから
            Just stay strong
            強気でいこうよ
            'Cause you know I'm here for you, I'm here for you
            僕がここにいるから
            There's nothing you could say
            何も言えなくても
            Nothing you could do
            何も出来なくても
            There's no other way when it comes to the truth
            真実は見つけるにはこの方法しかないから
            So keep holding on
            戦い続けよう
            'Cause you know we'll make it through, we'll make it through
            僕らは乗り越えられるから

            Hear me when I say, when I say I believe
            よく聞いて、僕は信じるよ
            Nothing's gonna change, nothing's gonna change destiny
            運命は変えられないなんてことはないよ
            Whatever's meant to be will work out perfectly
            なんとかすればすべてがうまくいくように出来てるんだ

            Yeah, yeah, yeah, yeah La da da da…

            Keep holding on
            耐え続けよう
            'Cause you know we'll make it through, we'll make it through
            僕らは乗り越えられるから

            Just stay strong
            強気でいこう
            'Cause you know I'm here for you, I'm here for you
            僕がいるから


            There's nothing you could say
            何も言えなくても

            Nothing you could do
            何も出来なくても

            There's no other way when it comes to the truth
            この方法以外ないから

            So keep holding on
            戦い続けよう

            'Cause you know we'll make it through, we'll make it through

            僕らは乗り越えられるから

             

             

            ちなみにglee Projectではオーディションに落選したメンバーが

            最後、サビの部分をソロで歌います。

            全員分の動画があったので貼ります。

            これもちゃんと全部見ると泣けるんだよね。。


             

            | 達也 | 洋楽 | 22:05 | comments(0) | - |
            glee S1 EP7 全面対決 ウィルVSスー
            0

              JUGEMテーマ:GLEE

              glee Season1 Episode7 全面対決 ウィルVSスー(原題:THROWDOWN)

               

              前回、ドラッグをやっちまったおかげでスー先生が副顧問になってしまい、

              gleeクラブは日々、怒号が響き渡る現場となっていた。

               

              そしてさらにスー先生がまた謎な計画を仕掛ける

              スー先生がマイノリティーのみ(アジア系、黒人などの少数派のこと)でチームを組むと言い出す


              これにはウィルさんパニック!

               

              ちなみにこのあとフィンが子供の名前を考えるシーンでグゥイネスパルトロウは子供をアップルと名付けたというシーンがありますが

              まさかグゥイネスパルトロウが今後、gleeに出演するとはこの時は思ってなかったよ。。

               

              そして突然の名曲。この曲はめちゃくちゃ良い

              「No Air」

               

               

              クインはその熱々っぷりに嫉妬。

              そりゃあそうだよな。誰がどう見ても恋人同士にしか見えないからなぁ、、


              そしてクインさん、ストレスをレイチェルにぶちまける。

              ストレス解放の舞!

               

               

              その後、スー先生とウィル先生の言い争いにとうとう生徒もうんざり。

              やってらんないわーと練習を放棄。

               

              なんか今回の話見て思ったけど良い感じにチームの絆ができてるね。

              途中皆で歌ってた曲なんか最高にエンジョイしてたでしょ。↓なんて超ハイテンションでしょ!

              この歌は事前録音じゃないっぽくて皆が本当に楽しそうで個人的に好き。


               

              そしてこの話の終盤、とうとうクインの妊娠がバレる!

              もうクイン、ボロ泣き。

              それにしてもなぜスーは気に入った生徒クインにこんなひどい仕打ちを。。

               

              最後、かかる曲は特に説明もなく始まるんだけどこれがまた泣ける。。

              良い感じにドラマのこのシーンにあってるんだよ。。

              Avril Lavigneの「Keep Holding On」

               

              Avril Lavigneってもっとガーリーでポップな感じだと思っていたけどこんな歌も歌ってるんだなぁって初めて知った曲。

              まじ疲れてる時に聞くのオススメです。


               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              | 達也 | 海外ドラマ(glee) | 10:50 | comments(0) | - |
              glee S1 EP6 効果抜群!ビタミンD
              0

                JUGEMテーマ:GLEE

                glee Season1 Episode6 効果抜群!ビタミンD(原題:VITAMIN D)

                 

                今日もいつも通り練習を行うgleeクラブだがやけに空気が緩んでいる

                それもそのはず。大会の相手が決定し、その相手が勝てる相手だったたためだ

                 

                ウィルはこの空気をなんとか変えようと考える

                そこでスー先生の発言を採用する

                そうマッシュポテトだ!もといマッッシュアップだ!(意味不)

                 

                gleeクラブを男子チームと女子チームでに分け、マッシュアップした曲で対決することに。。

                 

                そんな中、スー先生のgleeクラブぶっ潰し作戦も続行中

                ウィル先生の奥さんであるテリさんに「エマと浮気している」なんて嘘をついて

                テリさんを学校に潜り込ませることに。。(もう修羅場しか想像できないね)

                 

                ただいま偽装妊娠中の嘘つきテリさん、やっぱりトラブルを生み出す天才だね

                 

                フィンが最近学生生活が忙しいと相談を持ちかけると

                生徒にビタミンDを進める(この薬どうやらドラッグを作る成分にもなるらしい。。)

                 

                ビタミンDを服用したフィン達はノリノリで歌う

                フィンのハイテンションぶりが笑える。。

                 

                 

                さらにテリさん、ケンタナカにもエマにプロポーズしろと余計なアドバイスをする

                 

                まぁよく考えたらウィル先生とエマさんもかなりグレーゾーンだし、間違いなくお互い好意を持ってるしね

                心配になるのはしょうがない

                 

                そして次は女子の歌のターン


                 

                皆、ビタミンDを摂取しハイテンション

                ただでさえレイチェルなんか普段からテンションが高いのに、もう早口で

                何言ってるのかわけわからん

                個人的にはティナの演技が一番ヤベーやつっぽくて好き

                 

                眩しすぎる歌とダンスを舞い踊る

                カートがサングラスをしているところがなかなか面白い(笑)

                 

                そしてストーリーは終盤に向かい

                なんとケンタナカのプロポーズ成功!?

                 

                エマは別居だし結婚も発表したくないし学校以外で会いたくないという条件で結婚OKとのこと。

                (あれ?結婚ってなんだっけ。。)

                 

                ケンタナカはその条件ならなかなか好条件だよとのこと。

                (お前どんだけエマさんが好きなんだよ!)

                 

                今週はケンタナカがひたすら純粋で歌のパートはなかなかノリノリでひたすら楽しい回でした。

                 

                ちなみにマッシュアップの原曲は男チームは

                Bon Joviの「 It's My Life」とUsherの「Confessions」

                 

                 

                 

                女子チームは

                Katrina & The Wavesの「Walking On Sunshine」、Beyoncéの「Halo」

                 


                 

                おまけ

                「 It's My Life」と言えばこの人が頭に出てきてしまう。。。。

                 

                 

                 

                 

                 

                | 達也 | 海外ドラマ(glee) | 15:42 | comments(0) | - |
                洋楽 和訳 エヴァンハンセン 「Waving through a Window」
                0

                  JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

                   

                  アメリカのミュージカル「ディア・エヴァン・ハンセン」の中で好きな曲「Waving through a Window」

                   

                  この歌は激しくて切なくて一度聞いただけでクセになる曲です。

                  ミュージカルは見たことないんですが。。

                   

                  あぁ映画化してくれないかな。。

                  さすがにブロードウェイにさっと行けるほどこっちはお金もないし時間もないんだ。。

                  ちくしょー!

                   

                  I've learned to slam on the brake
                  僕はブレーキを踏むことを学んだんだ
                  Before I even turn the key
                  鍵を回す前に
                  Before I make the mistake
                  ミスする前に
                  Before I lead with the worst of me
                  自分の愚かさに気づかれる前に
                  Give them no reason to stare
                  直視される理由を与えるな
                  No slipping up if you slip away
                  ヘマをすることもない、すぐに立ち去れば
                  So I've got nothing to share
                  だがら僕は誰とも何も共有しない
                  No, I got nothing to say

                  いいや、話すことが何もないってことかな


                  Step out, step out of the sun
                  離れろ、遠ざかるんだ、太陽から
                  If you keep getting burned
                  太陽に焼かれ続けるなら
                  Step out, step out of the sun
                  逃げろ、離れろ、太陽から
                  Because you've learned, because you've learned
                  学んだんだろ、分かっているだろ

                   

                  On the outside, always looking in
                  外からいつも見ていた
                  Will I ever be more than I've always been?
                  いつかこの日常から抜け出せるのかな
                  'cause I'm tap, tap, tapping on the glass
                  ガラスを叩いてるから
                  I'm waving through a window
                  窓越しに手を振って
                  I try to speak, but nobody can hear
                  話そうとしても誰にも聞こえない
                  So I wait around for an answer to appear
                  だから答えが見つかるまでぶらぶらしているんだ

                  While I'm watch, watch, watching people pass
                  人々が過ぎていくのを眺めながら
                  I'm waving through a window
                  僕は窓越しに手を振ってる
                  Oh, can anybody see, is anybody waving back at me?
                  誰にも見えてないのか

                  誰か僕に手を振り返してる人はいないのか

                   

                  We start with stars in our eyes

                  最初は目に光があった気がするんだ

                  We start believing that we belong
                  最初は皆と同じ場所にいるんだって信じた
                  But every sun doesn't rise
                  だけど全ての太陽が昇るわけではないんだ
                  And no one tells you where you went wrong
                  どこで道を間違えたかなんて誰も教えてくれない

                   

                  Step out, step out of the sun
                  離れろ、遠ざかるんだ、太陽から
                  If you keep getting burned
                  太陽に焼かれ続けるなら
                  Step out, step out of the sun
                  逃げろ、離れろ、太陽から
                  Because you've learned, because you've learned
                  学んだんだろ、分かっているだろ

                   

                  On the outside, always looking in
                  外からいつも見ていた
                  Will I ever be more than I've always been?
                  いつかこの日常から抜け出せるのかな
                  'cause I'm tap, tap, tapping on the glass
                  ガラスを叩いてるから
                  I'm waving through a window
                  窓越しに手を振って
                  I try to speak, but nobody can hear
                  話そうとしても誰にも聞こえない
                  So I wait around for an answer to appear
                  だから答えが見つかるまでぶらぶらしているんだ

                  While I'm watch, watch, watching people pass
                  人々が過ぎていくのを眺めながら
                  I'm waving through a window
                  僕は窓越しに手を振ってる

                  Oh, can anybody see, is anybody waving......
                  誰にも見えてないのか

                  誰か手を振り返してくれないか。。

                   

                  When you're falling in a forest and there's nobody around
                  Do you ever really crash, or even make a sound ×4
                  誰もいない森で倒れた時、誰もそれを見てなかったら
                  それは倒れたと言えるのかな、音を立てたと言えるのかな ×4
                  Did I even make a sound
                  僕は音を立てたのか
                  Did I even make a sound
                  僕は音を立てたのか
                  It's like I never made a sound
                  一度だって音を立てたことがないみたいだ
                  Will I ever make a sound?
                  音を立てることはは出来るのか?

                   

                  On the outside, always looking in
                  外からいつも見ていた
                  Will I ever be more than I've always been?
                  いつかこの日常から抜け出せるのかな
                  'cause I'm tap, tap, tapping on the glass
                  ガラスを叩いてるから
                  I'm waving through a window
                  窓越しに手を振って
                  I try to speak, but nobody can hear
                  話そうとしても誰にも聞こえない
                  So I wait around for an answer to appear
                  だから答えが見つかるまでぶらぶらしているんだ

                  While I'm watch, watch, watching people pass
                  人々が過ぎていくのを眺めながら
                  I'm waving through a window
                  僕は窓越しに手を振ってる
                  Oh, can anybody see, is anybody waving back at me?
                  誰にも見えてないのか

                  手を振り返してくれないか、僕に。

                   

                  Is anybody waving?

                  誰か手を振り返してくれないか

                  Waving, waving, whoa-oh, whoa-oh-oh-oh

                  手を振り返してくれないか。。誰か。。誰か。。

                   

                  | 達也 | 洋楽 | 00:09 | comments(0) | - |
                  glee S1 EP5 新旧アイドル対決
                  0

                    glee S1 EP5「新旧アイドル対決」(The Rhodes Not Taken)

                     

                    日本語タイトルは新旧アイドル対決ね。。

                    なんかアイドルっていう言葉がしっくり来ないな。

                    やっぱり

                    スター

                    とか

                    ディーヴァ

                    とかのほうがしっくりくる。。

                     

                    まぁそれは置いといて。。

                     

                    前回、レイチェルがgleeクラブを抜けてしまい、非常にピンチな状態から始まります。

                     

                    さてこんなピンチの時にさすがウィルさん、またぶっ飛んだアイディアです。

                     

                    昔、gleeクラブにいた伝説的シンガーエイプリルを加入させることを思いつく。ナンテコッタ。このドラマは何でもありかい!?

                     

                    確かにまだ学校を卒業してないから授業は受けれるだろうけどgleeクラブのために呼び戻すって!?

                     

                    その行動力、逆に尊敬します

                     

                    だけどエイプリルは案の定、生徒達に悪影響を出します。

                     

                    バンビちゃん(カート)が酒を飲んだり、何故かアメフト部の連中が清々しい顔をしていたりと(笑)

                     

                    そんな中、同じく勝つためなら手段を選ばない男、フィンさんが行動に出ます

                     

                    レイチェルに戻って欲しいがためにレイチェルの恋心につけ込んでgleeクラブに戻るよう説得します。

                     

                    だけどそこはいつも通り詰めが甘いフィンさん、すぐバレる

                     

                    そしてビンタっ!!🖐!!

                     

                    悪いことすると最後はこうなるんすよ

                     

                    だけどレイチェルはやはり生粋のスターです。

                     

                    後に問題行動ばかりでエイプリルがクビになるわけだが、ちゃっかり現れてみんなと一緒に「Somebody To Love」を歌います。

                     

                    めでたし。めでたし。。

                     

                     

                     

                     

                    | 達也 | - | 09:26 | comments(0) | - |
                    洋楽 和訳 エヴァンハンセン 「only us」
                    0

                      gleeのファイナルシーズンで結構好きだった女優さん「ローラドレイファス」。

                       

                      今何やってるかチェックしてたら、たまたまエヴァンハンセンというミュージカルに出てることがわかりました。

                       

                      日本ではまだあまり知られてないようですが、非常に良い曲があったので勝手ながら宣伝させていただきます。

                      ちなみにこのミュージカルの主人公はピッチパーフェクトでも有名なベンプラットです。

                      ZOE:
                      I don't need you to sell me on reasons to want you

                      私はあなたが欲しいからって自分を売り込む必要がない
                      I don't need you to search for the proof that I should

                      私はあなたが必要とするものを探す必要がない
                      You don't have to convince me

                      あなたは私を満たす必要はない
                      You don't have to be scared you're not enough

                      あなたは自分が未熟だって恐れる必要はない
                      'Cause what we've got going is good
                      だって全てうまく行ってるから


                      I don't need more reminders of all that's been broken

                      壊れてしまったものを思い起こす必要はない
                      I don't need you to fix what I'd rather forget

                      むしろ忘れたいものを修正する必要はない


                      Clear the slate and start over

                      スレートをスッキリさせ、やり直そう
                      Try to quiet the noises in your head

                      頭の中の騒音を鳴り止まそう
                      We can't compete with all that
                      私たちはそいつらと争うことは出来ない


                      So what if it's us

                      だからもし私たちなら
                      What if it's us

                      私たちなら
                      And only us

                      私たちだけ。。
                      And what came before won't count anymore or matter

                      以前、来たものはもはや重要じゃない


                      Can we try that?
                      それを試そうか?
                      What if it's you

                      もし私たちなら
                      And what if it's me

                      私たちなら
                      And what if that's all that we need it to be

                      全てそうするために必要なものなら
                      And the rest of the world falls away

                      そして世界は落ちていく
                      What do you say?

                      何を言う?

                      EVAN: I never thought there'd be someone like you who would want me

                      僕は君みたいに僕を求めてくれる人がいるなんて考えもしなかった


                      ZOE: Well...

                      EVAN:
                      So I give you ten thousand reasons to not let me go

                      僕は離れたくない1万もの理由を言えるよ
                      But if you really see me

                      でももし君を見れるなら
                      If you like me for me and nothing else

                      もし君が何も理由なしに僕を好きでいてくれたら
                      Well, that's all that I've wanted for longer that you could possibly know
                      それは僕が知る限り、長い間、焦がれていたものだ
                      So it can be us

                      だから僕らになれる
                      It can be us

                      僕らになれる
                      And only us

                      そして僕らだけ。。
                      And what came before won't count anymore or matter
                      We can try that

                      以前、来たことはもはや重要じゃない


                      EVAN & ZOE: It's not so impossible
                      それは決して無理じゃない


                      EVAN: Nobody else but the two of us here
                      誰もいない。だけど僕らはここにいる

                      EVAN & ZOE: 'Cause you're saying it's possible

                      あなたがそれが無理じゃないと言ってくれたから

                      ZOE: We can just watch the whole world disappear
                      私たちは世界が無くなるのを見れる

                      EVAN & ZOE: 'Til you're the only one I still know how to see

                      あなたたった一人の見方を知ってる人

                      EVAN: It's just you and me

                      それは君と僕だけ

                      ZOE:
                      It'll be us

                      私たちになる
                      It'll be us

                      私たちになる
                      And only us

                      唯一の私たちに
                      And what came before won't count anymore

                      以前、来たことはもはや重要じゃない

                      EVAN & ZOE:
                      We can try that

                      私達は試す
                      You and me

                      あなたとわたし
                      That's all that we need it to be

                      それは私達が必要とした全て
                      And the rest of the world falls away

                      世界が終わる
                      And the rest of the world falls away

                      世界が終わる

                      The world falls away

                      世界が終わる
                      The world falls away

                      世界が終わる
                      And it's only us

                      私達だけ

                       

                       

                       

                      | 達也 | 洋楽 | 00:00 | comments(0) | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + スマートフォン画面に戻りたい。。。
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE